コラム|小倉南区で歯科・歯医者をお探しの方は、小倉オリーブ歯科・矯正歯科まで

歯がない状態で放置していると危険!?

皆様、こんにちは。
 
北九州市小倉南区にある「小倉オリーブ歯科・矯正歯科」です。
 
 
「歯が1本抜けたけど、噛むのに困らないし……」
「痛みや腫れが出たら歯医者にいけばいいや」
 
そう考えている方がいたら、要注意です。
 
歯がないと、健康に年をとることが難しくなる可能性があります。
 
今回は、歯がない状態で放置したときに起こる健康リスクについて、お伝えします。
 
 

リスク(1)残りの歯を失う可能性が高くなる

歯の噛み合わせは、よく柱に例えて表現されます。
 
家の柱が1本折れてしまったら、残りの柱に負担がかかり倒れてしまいそうで不安やですよね。
 
噛み合わせも同じように、1本でも少なくなれば他の歯にかかる力が増えます
 
 
その結果、他の歯を失ってしまう可能性が高くなるのです。
失う歯が増えれば増えるほどその危険は高まります。
 
 

リスク(2)食事を制限されるようになる

なんでも好きなように食べられるのは、健康な歯があってこそです。
 
歯を失うほど硬いものは噛めなくなり、食べられるものが制限されます。
 
選べる食品が制限されると栄養面にも偏りが出てくるので気を付けましょう。
糖質には軟らかいものが多いので、糖質を摂取しがちになります。
 
糖質過多になると、生活習慣病を助長するので気を付けたいところです。
 
他にも、歯を失うことで噛む力が弱まりますので、認知症になりやすく、将来介護が必要になる可能性があるなど、さまざまなリスクが高まります。
 
上下の歯でしっかりと噛み合わせられることは、とても大切なことなのです。
 
 

歯を失ったら、早めに歯科に相談を!

では、歯を失ってからでもできることはなんでしょうか?
 
それは、ちゃんと治療をして、噛む力を補ってあげるということです。
 
歯を入れるには、インプラント、入れ歯、ブリッジなどの治療法があります。
 
インプラントは歯ぐきの下の骨に直接歯を立てる方法です。
 
入れ歯は着け外しできるプラスチック製の歯を自分の歯に引っ掛けて使う方法で、ブリッジは両隣の歯を削って被せ物をして橋をかけて失った部分を補う方法です。
 
歯を失って不安に感じている方は、当院にご相談ください。患者様それぞれの状態や希望に添って、適切な治療法をご提案させていただきます。
 
治療後のメインテナンスや検診も、お任せください。健康に楽しく過ごしていくためにも、早めの診察・治療をしましょう。