コラム|小倉南区で歯科・歯医者をお探しの方は、小倉オリーブ歯科・矯正歯科まで

歯周病セルフチェック

皆様、こんにちは。
 
北九州市小倉南区にある「小倉オリーブ歯科・矯正歯科」です。
 
 

 
歯周病は初期の自覚症状がなく、痛みや腫れが出てきたときはすでに進行している場合があります。
 
日本人成人の約80%がかかっているといわれていますので、もしかしたら自覚症状のないままあなたもかかっているかもしれません。
 
いざ治療しようとすると時間がかかるのが歯周病。早期発見・早期治療のためにも、少しでも気になる症状がある場合は、ご相談にいらしてください。
 
 

歯周病セルフチェック

下記に当てはまる項目があるかチェックしてみましょう。
 
 
●歯ぐきが腫れている
 
●歯ぐきがやせて、歯が長くなったように見える
 
●歯と歯の間に食べ物が挟まりやすい
 
●歯を磨くと、血が出ていることがある
 
●口臭がきつい気がする
 
●歯ぐきがブヨブヨしている部分がある
 
●少しグラグラしている歯がある
 
●歯ぐきから膿が出たことがある
 
 
1つでも当てはまる人は、歯周病の可能性があります。
 
3つ以上当てはまる人は、すでに症状が中等度以上に進行してしまっているかもしれません。
 
早めに検診を受けて、歯周病と診断されたら治療を始めましょう。
 
 

歯周病の治療について

歯周病になってしまったら、歯科医院でのケアと、ご自宅でのケアが重要です。どちらか片方だけのケアになってしまうと、歯周病の進行を抑えるのが難しくなってしまいます。
 
歯科医師や歯科衛生士から正しい歯磨きやブラッシングの仕方をお伝えしますので、ご自宅で実践していただき、歯と歯ぐきの健康を取り戻しましょう。
 
また、歯周病の進行は生活習慣からも影響を受けています。ご自身の生活習慣を見直し、健康的な生活を心がけることも治療の一つです。
 
 

悪化したら歯を抜かなければダメ?

日本人成人が歯を失う原因の1位は歯周病です。
 
歯ぐきのダメージが大きいと、抜歯せざるを得ないこともあります。
 
小倉オリーブ歯科・矯正歯科では、歯周組織(歯ぐきなどを含む歯の周りの組織)を再生して、できるだけ自分の歯を残す治療を行っています。
 
歯周病が進行してしまっている場合でも、あきらめずにご相談ください。
 
 

今は歯周病の症状に心当たりがない方も、定期的に「小倉オリーブ歯科・矯正歯科」で検診を受けて歯とお口の健康を維持しましょう。